業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

ロードサービスコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月06日 [FAQ]

タイヤ交換は自分でできますか?

車の運転をするのが好きでよくドライブに出かけることがあるのですが、その際にはさまざまなトラブルが起きる可能性があるため、事前に対処法について知っておきたいと思っています。
特にタイヤがパンクするケースは珍しくないと思うのですが、その際にスペアタイヤとの交換を自分でするか、ロードサービスに来てもらって任せるのか、どちらのほうがよいのか気になっているので教えてください。

回答

自分で交換する手間やリスクを避けたいならばロードサービスに頼みましょう


タイヤがパンクしてしまったならば、自走するのが困難になってしまうため、速やかに安全な場所に駐車するべきであり、そうすることによってほかの車両の迷惑にならず、大きな事故が起きてしまうのを防ぐことができます。
もし近くに駐車場があるのであれば、そちらに駐車するのが最適なのですが、ない場合には路肩にハザードランプをつけた状態で駐車しておくことになり、周りの迷惑にならないような場所に停めることが大切です。
ただ、高速道路の場合は路肩に駐車しておくだけでは危険なため、後続車にも分かるようにする必要があり、三角表示板を置いておくなど工夫をしておくことも求められるため気をつけましょう。
タイヤのパンクを直す際には自分でスペアタイヤと交換することもできるのですが、この場合はタイヤ交換をしたことがないと手間取ってしまう可能性があり、慣れた人であれば10分程度で交換できるのですが、難しいと感じるならばロードサービスを頼ってもいいでしょう。
たとえば、高速道路でのタイヤパンクの場合は交換する際に危険が伴ってしまう可能性があり、自分で作業をするのが困難なケースもあるため、この場合はロードサービスに頼ってもよいでしょう。
ロードサービスであればタイヤ交換の際にはしっかりと安全に配慮して、事故が起きないように対策をしてから作業を進めてくれるため、安心して任せることができるのがメリットとなっています。
もちろん、ロードサービスを利用する場合にはお金がかかってしまうのですが、自分でタイヤ交換をしてトラブルが起きるリスクを考えると、たとえお金がかかったとしても、ロードサービスのほうを選ぶ人も多いでしょう。
注意点としては、ロードサービスにタイヤ交換を依頼する場合は、あくまでもスペアタイヤであり、新品のタイヤと交換してくれるわけではないため、後日、あらためて新しいタイヤと交換する必要があります。
あくまでも応急処置であって、そのまま仮のタイヤで長距離の運転をするのはリスクが伴うので、早めに新しいタイヤと交換しましょう。

PageTop