業者選びに役に立つ車・運送・引越しに関連した業者をご紹介します。

ロードサービスコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

運送会社を選ぶポイントは?

父から家業を継いで、何とか今までは利益も出してこれましたが、今後は全国に販路を広げていかないと、この業界で生き延びていくことはできないと考えて、新しいことにも積極的にチャレンジすることを決めました。
しかし、利益を出すためにできるだけ人員は増やしたくなくて、特に物流業務を自社で行うことはかなりの負担になるので、これまで自分たちでやっていた物流業務も含めて、他社に委託することにして、信頼して長く付き合える運送会社を探しています。
もちろん物流コストはできるだけ抑えたいので、それも含めた運送会社選びのポイントを教えてください。


回答

サービスや立地や保管方法などを事前に確認しましょう。


運送会社は大手から中小までたくさんありますが、車両の数や取り扱いができる商品などにも違いがあって、値段や接客だけで選んでしまうと、契約した後でこんなはずではなかったということが起きるケースも珍しくありません。
大手運送会社なら、どんな荷物にも対応してもらえるので安心だと考える方も多いでしょうが、大手の場合は結局下請け業者として中小の運送業者を利用するケースが多い分、どうしても料金が高くなってしまいます。
サービスの内容も依頼先によっても様々なので、それも運送業者を選ぶ大きなポイントになります。
できるだけ融通が効いて、臨機応変に対応してもらえることはもちろんですが、自分たちに適したサービスがあるかどうかを事前に確認しましょう。
例えば、カタログなどを商品に封入してくれたり、商品をラッピングしてくれるサービスがあれば、自社で行う作業も少なくできる分、利益にもつながります。
大手の場合は、システムが厳格すぎる分、柔軟性に欠けている点もデメリットとなります。
運送会社を選ぶ場合は、立地もとても大きなポイントです。
運搬に時間がかかると効率は悪くなってしまい、運送費が多少高くても、その点もしっかり考えて委託先を選択しなければいけません。
運送に船舶や航空機などを利用する場合は、空港や港までの距離も考慮しなければいけません。
取り扱う商品の保管方法もとても大事なポイントで、特に食品や医薬品などの温度管理が必要な商材は、普段からそれらを取り扱っていなければ、劣化の原因につながってしまうので、保管のためのノウハウや、それ専用の設備を持っている業者を選びましょう。
入庫から出荷のオペレーションが、きちんと対応されていることを事前に確認してください。

PageTop